中高年が就職・転職する方法

(1)転職に成功した中高年の数は増え続けている。

 中高年の転職・就職は実のところ厳しいものがあります。しかしハローワーク等に顔を出してみれば分かりますが、多くの中高年の求職者が毎日熱心に職探しをしています。決して自分だけが孤軍奮闘しているわけではなく、「年齢」だけが転職市場において不利に傾く条件では決して無いのです。もっと不利な条件があっても就職活動を頑張って、転職に成功する人たちがいることを忘れないでいましょう。

 

 中高年で仕事探しをしている人の事情も志望業界も様々で、一概に「こうすれば就職に成功できる!」とは言えないのですが、「年齢で差別されるのではないか・・・?」という不安になっている求職者を成功に導く考えをまとめてみましょう。

 

(2)積極的に就職に結びつく活動をしよう!

 就職活動がうまくいっていない、条件が合わないと嘆く前に、この一週間に就職のために具体的にどういう活動をしたか?自分で思いだしてリストアップしてみましょう。何社に面接の申し込みを行ったでしょうか?転職サイトからエントリーしてみた企業は何社でしょう?

 

 積極的に活動していると言えるほど活動をしているでしょうか?転職サイトや人材斡旋会社に登録はしているでしょうか?転職サイトに登録している応募書類なども定期的に読みなおし、熱意が会社に伝わるように推敲と加筆を繰り返しているでしょうか?

 

(3)会社が中高年に期待していることを把握しよう!

 言いにくいのですが、中高年、それも50歳を過ぎた人たちは企業社会から見れば、終わりつつある人かもしれません。貴方は自分のことをこれからまだまだだと信じていても、応募企業の採用担当者は中高年の求職者をそういう風に見ていない可能性大です。

 

 しかしそれでも中高年を採用したいという会社は多くあり、そういう会社は中高年の社員にはそれなりの期待をしているのです。若い人たちをガンガン引っ張っていくことはスキル的にも難しくても、豊富な実務経験や含蓄を持ち、若い人たちをフォローしてくれて、安い賃金に文句を言わないことです。

 

(4)まとめ

 就職したいと思う会社について、明確なイメージを持っている中高年の人たちのほうが、良い会社に入れているようです。自分の優先順位はどうなっているのか?「やりがい」「収入」「通勤時間」「拘束時間」「仕事内容」・・・いろいろリストアップしてみましょう。

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
リクナビNEXTは他サイトと比べ、圧倒的な求人数で独占求人も約85%!非公開求人もあり、登録も無料なので利用する価値はあり!