企業側が本当に求める転職人材とは?

 求人募集をしている企業側は、当然のことながら企業に貢献しえくれる人材を求めているわけですが、応募してくる転職組のなかには、給与や待遇の良さばかりに目が行き過ぎてしまい、求めている人材が集まらないこともあります。いくら求人に応募しても合格しない場合には、企業が求める特徴を前面に打ち出せていないせいなのかもしれません。

 

経験だけでなく自己分析で強みを見つけよう

 前職と同じ業界へ転職をする場合、自分の経験のみを前面に押し出してしまい、入社してから自分がどのような仕事をしたいのか、経験以外に自分がアピールできる面を見つけておかないといけません。

 

コミュニケーション能力の有無

 いくら前職で実績があったとしても、同僚と上手く付き合うことができ、なおかつ円滑に仕事を進めることができる人材が求められます。学歴がったとしても、目もあわせられない、挨拶ができないなどの基本的な部分や協調性のある人材の方が歓迎されます。

 

第一印象はかなり重要

 面接は特に第一印象で相手を見てしまうことがありますので、見た目(容姿など)ではなく、はきはきと話せているか、聞かれたことに対し的確な返事が返ってくる、表情や態度で性格から仕事ができそうかどうかも見られてしまうことがあります。

 

 上記のようなことを総合し面接で見極められますので、企業側が求めている人材と自分がマッチするかどうかを考えてから、応募するようにしましょう。