中高年が行うべき転職の流れ

 情報を手に入れると、それだけ優位に物事を進められます。ここで転職に関する情報、特に流れや進め方といった知識を獲得し、転職活動を優位に進めてみましょう。中高年の転職希望者はどう動くべきなのかに着目し、まとめてみます。

 

 

中高年者が転職の準備をする上での考え方

 中高年者が転職の準備を整える上で気にしておきたいことは、自分や企業のことを分析・調査することに加え、退職のタイミングを図ったり、もしもの時の保険的な動き方を考えておくなど、若い人と比べるとより多くなってくるでしょう。それが整うまでは、転職に乗り出さない方がいいのかもしれません。

 

 

【参考記事】

 

 

 

ネット環境を整えてから求人情報収集を

 中高年者が使いにくいと感じるであろう、インターネットツール。しかし、ここにこそあなたが、あるいは、あなたを求めている求人情報が数多く眠っているはず。それを掘り起こすには、インターネットツールを使いまくるしかありません。そうした環境も整えておきましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

応募書類作成時の重要ポイント

 履歴書では志望動機を、職務経歴書では自己PRとこれまでの実績を、それぞれ気にしながら欄を埋めていきましょう。また、それらが実力や価値観通りであり、嘘や矛盾がないようにしなければなりません。応募書類はあくまでもあなた自身、それだけは見失わないことです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

伝えるべきことを整理して面接に挑む

 面接で何を伝えるべきかを、事前に整理しておきましょう。どんな質問をされたとしても、その答えの中で「伝えるべきこと」を伝えられれば、対策が活きてきます。それくらい言葉を自由に扱い自分の意志を伝えられてこそ、中高年としての面目が保てるというもの。柔軟な考え方のもと、面接の練習をしておきましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

なぜ円満な退職を目指すのか

 退職にもし失敗するとどのような弊害が起こるのか。いろいろと考えられますが、最も困るのは、転職先の企業にも迷惑をかけること。最悪の場合には全てが無かったことになるかもしれません。それを避けるために行うのが、円満退職を目指した退職活動なのです。

 

 

【参考記事】